2012年08月24日

貝殻なんです。

「酒縁」について、国内外よりお問合せを頂くことがありますが、今日は、一番多いお問合せ内容についてご紹介します。

Q.「酒縁」は、しじみの商品のようですが、しじみエキスですか?

Q.「酒縁」には、オルニチンはどれくらい入っていますか?


答えは....


「酒縁」は、いわゆるしじみの身の部分ではなく、しじみ貝殻粉末を使用した、全く新しい商品なんです。

“貝殻粉末”と聞くと、ただ貝殻を砕いただけのように思われがちですが、ただの貝殻粉末ではありません。

十三湖産のしじみ貝殻を、青森県と弘前大学医学部と弊社で研究・開発した製法技術により焼成し、機能性結晶構造へ変化させることに成功した、特許取得の素材なんです。

なので、しじみエキスやオルニチン商品とは全く違うものなんです。

前回の「しじみの味噌汁」でもオルニチンについては少し触れましたが、オルニチンはアミノ酸の一種で、しじみの身から抽出しているものもありますが、生産コストが高くなるため、現在出回っているものの多くは、発酵法(微生物などによる)により大量生産されている原料を使用したものです。


また、青森県には古くからの言い伝えがあり、しじみの貝殻がよい効果をもたらしたとのことです。

しじみ貝殻粉末の成分はカルシウムですが、最近の研究により、多機能性カルシウムの可能性がでてきています。

詳しくは、ホームページの しじみ貝殻粉末「カルカルサイト」とは? をご覧下さい。
医学博士 佐々木先生の論文などもございます。

shuen-pamphlet-omoteA.jpg
http://www.sankyu-aomori.com



posted by 39aomori at 11:27| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。